店頭FX長期トレンド~16年12月

日本の店頭FX53社の月次データの長期トレンドです。
買い建て玉から売り建て玉を差し引いた買い越し超過額の2008年11月から2016年12月までの長期トレンドが左側で、主要12通貨円建てペア取引合計額が右側です。(縦軸は百万円/月)


店頭1612



2016年12月の売り建て玉は1兆9.815億円とわずかに減少し、買い建て玉は2兆7,473億円と極わずかに増加しました。
その結果、買い越し超過額は7,658億円とわずかに増加しましたが、まだまだニュートラルに近いままです。

取引合計額は452兆3,692億円とわずかに減少しました。

トランプ相場の円安により思いっきり美味しく利確したことにより、ニュートラルに近くなったものと推定されます。
買いの余力は有り余っていますが、買いのチャンスはまだのようです。

一旦は円高に振れてくれる期待でしょうか。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

街角景気16年12月

街角景気の16年12月分が1月12日に公開されました。
街角景気の、2011年初から2016年12月までの現状DIと先行きDIは以下でした。従来通りの原数値の図です。


街角1612


従来通りの記述の仕方の原数値の現状DIは、2.6ポイント上昇して51.2となりました。
2~3ケ月の先行きDIは0.1ポイント低下して49.0となりました。

景気ウォッチャーの見方は以下にまとめられました。
「着実に持ち直している。先行きについては、引き続き設備投資や求人増加の継続等への期待がある一方、燃油価格などコストの上昇等への懸念がみられる」


内閣府の景気ウォッチャーは、先々月からは季節調整値を主に、原数値を従に、従来と逆転させて記述しています。
今月と先月の記述がおかしいです。引用すると、
11月の現状判断DI(季節調整値)は、前月比3.2ポイント上昇の52.5となった。
12月の現状判断DI(季節調整値)は、前月比横ばいの51.4となった。
11月の先行き判断DI(季節調整値)は、前月比1.6ポイント上昇の53.0となった。
12月の先行き判断DI(季節調整値)は、前月比0.4ポイント低下の50.9となった。
11月の数値と12月の変動と数値が整合していません。
おかしいいです。
こんなことで大丈夫なのでしょうか。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村








随分と強気の記述です。
原数値ではニュートラルの50未満ですから弱気になりそうですが、調整値だと50以上ですから日銀-政府も強気に言えるのでしょう。
季節調整値は冬は高くなるようです。しかし、反対に低くなる季節もある筈ですがーーー
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

17年1月のペアスワップ年利比較

毎月恒例のペアのスワップの年利換算比較2017年1月分です。
高金利通貨のクロス円買いと、低金利通貨売り/高利通貨調達、のスワップと年利換算値のSAXO系に基づいた比較です。(1月6日、from1月9日、to1月10日。)


スワップ年利170106


クロス円でのNo1は人民元で、なんと21.16%もありました。
1月は異常に高くなっているようです。昨年終盤は非常に低かったので、まだまだ不安定です。
第2位はトルコリラで、7.08%でした。

EURは-0.21%、スイスフランは-1.27%と、買いのマイナス金利は高いままです。
日本の金融機関は泣き言を言う前に、欧州、特にスイスの銀行の企画力、収益力を見習うべきでしょう。

売る方の低金利通貨側ではスイスフラン>ユーロ>円>英ポンド>米ドルの順にスワップが高いです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

最強、最弱通貨ランキング2016年12月

月間最強、最弱通貨ランキングの2016年12月分です。
基準を2015年末において、2016年11月の間変化率(2016年10月末から2016年11月末の変化率)と、2016年12月の月間変化率(2016年11月末から2016年12月末の変化率。分母を2015年末にしています。)は以下でした。
JPY以外は、左から最強通貨、右端が最弱通貨です。


ランキング1612


2016年12月の最強通貨は、意外にもZARでした。 それも12月30日に急伸して、ダントツです。
2ヶ月ではそれほどでもなく、CADやUSDの方が強いです。

最弱通貨は圧倒的にTRYでした。 ここ3ケ月は一人負け状態で、無残ですーーーー

ここ3ケ月のあのJPYよりも弱いのですから。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ