トルコリラ、ランド、豪ドル13社スワップ比較1209

毎月恒例の、トルコリラ、ランド、豪ドル扱い13社のスワップ比較です。 9月26日を基準にしていますが、業者によって開示の仕方や付き方が違いますので、日次にはずれがあります。


13社スワップ120926


豪ドル、ランド、トルコリラともにスワップが低下しています。

その中でもトルコリラ円のスワップの低下が著しいです。先々月まではSAXO系の89円でしたが、先月は52.5円、今月はほぼ同じレベルの53円とほぼ2/3、高い時期の半分以下です。 一時期はNo.1だったFXCMジャパン証券のプレミアム口座は先月12円、今月20円まで下がってしまいました。 幾らなんでも酷過ぎます。FXCMジャパン証券はもう信用する気になれませんので、撤退します。

ランド円は14円から先月は12円に下がり、今月は13円になりました。

通貨の種類を問わず全面的なスワップ低下現象ですが、特にトルコリラの低下が著しいです。
スワップ派には、円高以上にきついものがあります。これ以上低下し続けるならば、作戦の全面的な見直しが必要かもしれません。 撤退含めてーーートルコリラには手を出さずに、豪ドルまでにしとくべきかもしれませんねーーーランドは業者を選べばまだ何とかいけるのかもしれませんーーー


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

最強、最弱通貨ランキング2012年9月

2012年9月の月間最強、最弱通貨ランキングです。
2011年末を基準にして、2012年8月の月間変化率(7月末から8月末の変化率)と、9月の月間変化率(8月末から9月末の変化率)は以下でした。
左から、JPY以外の9月の月間最強通貨、右端が最弱通貨です。


ランキング1209


9月はNZDが最強通貨でした。珍しくAUDを置いてけぼりにしています。サプライズのAUD利下げでしたが、読んでる人もいたようですね。また、8月に続いてユーロの復活の月でもありました。

9月の最強通貨~最弱通貨の序列は以下でした
最強通貨:NZD>EUR>GBP>CHF>TRY>ZAR>円>AUD>CAD>USD:最弱通貨

ランキングを全体的にみれば、わずかではありますが、リスクオンに変化し始めたのではないか、という印象です。
個別にはAUDとNZDの動きに注目ですね。AUDが相対的に弱くなったところが割安ですから、買いたい気がします。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

シカゴ投機筋ポジション動向~1002

シカゴ投機筋(シカゴマーカンタイル先物市場)の2011年初から2012年10月2日(10月5日公開)までのIMMポジション動向です。 1週間単位のnon-commercialのlongとshortの差は以下でした。


シカゴ121002


円は8月21日の11,171枚とやや買い越し超過から、8月28日21,556枚、9月4日24,007枚,11日32,773枚、18日15,476枚、25日21,111枚、10月2日29,335枚とやや買い越し超過あたりでうろうろしています。 急激な円高になる気配は無いですね。 むしろ、日米の金利差を考えると、ゆっくりと円安方向に変換して行くのではないでしょうか。

ユーロは5月15日以降、22日195,361枚、29日203,415枚、6月5日214,428枚と4週連続で過去最高記録を更新しました。その後は流石に売り越し超過記録を更新する勢いはありません。底を付けたのではないかと思われます。8月28日101,561枚、9月4日102,306枚、11日93,658枚、18日73,482枚、25日50,238枚、10月2日50.265枚と、最盛期の1/4にまで回復しました。5万枚の売り越し超過レベルだと、欧州危機以前の通常の売り越しレベルの範囲内とも言えます。

豪ドルはここ3年間は買い越し超過が常であって、売り越し超過になったことはありませんでしたが、5月22日には16,898枚の売り越しに転じ、29日には35,527枚、6月5日には51,172枚まで売り越しました。 その後は売り越しが急減し、7月17日には13,931枚の買い越し超過に転じました。その後、7月31日37,235枚、8月7日52,894枚、14日66,679枚、21日86,882枚と買い越し超過が急激に積み上がっています。
8月28日78,072枚、9月4日62,439枚、11日68,259枚、18日69,246枚、25日89,562枚、10月2日63,743枚と高水準のまま小康状態で推移しています。 膠着状態がしばらく続きそうな気配です。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

街角景気1209

速報性、先行性が注目される街角景気の9月分が10月9日に公開されました。
街角景気の、2011年初から2012年9月までの現状DIと先行きDIは以下でした。


街角1209


現状DIは先月を2.4ポイントと大きく悪化し、41.2となありました。50以下が5ケ月連続していて、横ばい以下のままです。

2~3ケ月の先行きDIは、前月を0.1ポイント下回り、43.5となりました。5ケ月連続の低下、横ばいを示す50割れとなりました。

景気ウォッチャーの見方は以下にまとめられました。
「景気は、このところ弱まっている」

先月よりも悪化です。日経株価も8600円割れし、底値は8200円までは下がるのではないかと言われています。まだまだですね。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

10月のペアスワップ年利比較

毎月恒例のペアのスワップの年利換算比較2012年10月分です。
高金利通貨のクロス円買いと、低金利通貨売り/高利通貨調達、のスワップと年利換算値のSAXO系に基づいた比較です。(10月19日。from10月19日、to10月22日)


スワップ年利121019


先々月からトルコリラのスワップが急減しました。先月はさらに低下して、年利ではランドを下回ってしまいました。
うーむ。

高金利通貨側では、ランド>トルコリラ>豪ドルの順にスワップが高いです。 豪ドルは金利引き下げの影響で、3.2%程度まで低下しています。

売る方の低金利通貨側では、スイスフラン>ユーロ>円>米ドル>英ポンドの順にスワップが高いです。

ここまでスワップが下がると、トルコリラをやる意味はありません。
回復してこなければ一旦止めようかと思ってたら、安値化に歯止めがかかりそうな気配です。
さて、どうするかーーーー


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

店頭FX長期トレンド~12年9月

日本の店頭FX53社の月次データの長期トレンドです。

2012年9月の主要12通貨円建てペア取引合計額は114兆770億円でした。 先月よりはわずかに回復して、3.5%の増加でした。

9月の買い建て玉は3兆1285億円と2%増加し、売り建て玉は1兆571億円と2.5%減少しました。

買い建て玉から売り建て玉を差し引いた買い越し超過額の2008年11月から2012年9月までの長期トレンドは以下でした。(縦軸は百万円/月)


店頭1209


8月の買い越し超過額1兆9815億円から、9月は2兆714億円と900億円ほど増加しました。ここ4年ではかなりの高水準を維持しています。ミセスワタナベの買い意欲はまだまだ健在です。

トレンドからすれば、右肩上がりのほぼ中央に位置しています。今後、積み上がって行くのか、一旦は減少するのか、岐路のようにも見えます。この秋の動きが楽しみです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

シカゴ投機筋ポジション動向~1023

シカゴ投機筋(シカゴマーカンタイル先物市場)の2011年初から2012年10月23日(10月27日公開)までのIMMポジション動向です。 1週間単位のnon-commercialのlongとshortの差は以下でした。


シカゴ121023


円は8月21日の11,171枚とやや買い越し超過から、8月28日21,556枚、9月4日24,007枚,11日32,773枚、18日15,476枚、25日21,111枚、10月2日29,335枚とやや買い越し超過あたりでうろうろしていましたが、9日12,914枚、16日10.086枚と急減し、23日には18,196枚の売り越し超過に転じました。 急激な円高になる状況ではありません。 予想通り、ゆっくりと円安方向に変換して行くのではないか、と思われます。

勿論、危機が発生すればリスクオフになる可能性は常にありますが、日米の金利差が大きなトレンドになると思われます。

ユーロは5月15日以降、22日195,361枚、29日203,415枚、6月5日214,428枚と4週連続で過去最高記録を更新しました。その後は流石に売り越し超過記録を更新する勢いはありません。底を付けたのではないかと思われます。9月25日50,238枚、10月2日50、265枚、9日72,570枚、16日53,495枚。23日55,219枚と、最盛期の1/4にまで回復しました。5万枚の売り越し超過レベルだと、欧州危機以前の、通常の売り越しレベルの範囲内です。

豪ドルは8月7日52,894枚、14日66,679枚、21日86,882枚、28日78,072枚、9月4日62,439枚、11日68,259枚、18日69,246枚、25日89,562枚、10月2日63,743枚と買い越し高水準のままで推移していました。 9日39,814枚、16日38,444枚、23日45,651枚と若干減少した水準となりました。小康状態が続きそうです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

トルコリラ、ランド、豪ドル13社スワップ比較1210

毎月恒例の、トルコリラ、ランド、豪ドル扱い13社のスワップ比較です。 10月29日を基準にしていますが、業者によって開示の仕方や付き方が違いますので、日次にはずれがあります。


13社スワップ比較121029


豪ドル、ランド、トルコリラともにスワップが7月以降低下しています。

その中でもトルコリラ円のスワップの低下が著しいです。トップのSAXO系でも先々月は52.5円、先月はほぼ同じレベルの53円と高い時期の半分以下です。トップのSAXO系は今月は63円で、歯止めがかかったようです。

一時期はNo.1だったFXCMジャパン証券のプレミアム口座は先月20円まで下がってしまいましたが、今月はなんと0円です。 幾らなんでも酷過ぎます。FXCMジャパン証券はもう信用する気になれませんので、撤退しました。

ランド円はトップのSAXO系でも12円に下がりました。他の業者はもっと酷いです。

豪ドルは71円がトップでした。No1のライブスター証券でも77円ですからねー


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ