最強、最弱通貨ランキング2012年10月

2012年10月の月間最強、最弱通貨ランキングです。
2011年末を基準にして、2012年9月の月間変化率(8月末から9月末の変化率)と、10月の月間変化率(9月末から10月末の変化率)は以下でした。
左から、JPY以外の10月の月間最強通貨、右端が最弱通貨です。


最強最弱1210


10月はCHFが最強通貨でした。2位が珍しくもTRY、続いて3位がEURでした。この3者は僅差でほとんど差はありません。

10月の最強通貨~最弱通貨の序列は以下でした
最強通貨:CHF≧TRY≧EUR>AUD≧USD≧GBP>NZD>CAD>JPY≫ZAR:最弱通貨

8月から3カ月連続のユーロの復活の月でした。

一方で、ZARの弱さは格別ですね。3月頃は強い時もありましたが、昨年から較べると一人負けです。

ランキングを全体的にみれば、ZAR以外は、リスクオンに変化した月でした。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

街角景気1210

速報性、先行性が注目される街角景気の10月分が11月8日に公開されました。
街角景気の、2011年初から2012年10月までの現状DIと先行きDIは以下でした。


街角1210


現状DIは先月に続いて2.2ポイント悪化し、39.0となありました。50以下が6ケ月連続していて、下降の一途です。

2~3ケ月の先行きDIは、前月を1.8ポイント下回り、41.7となりました。6ケ月連続の低下、横ばいを示す50割れとなりました。

景気ウォッチャーの見方は以下にまとめられました。
「景気は、さらに弱まっている」

今暫くは辛抱が必要なようです。

個人的には、そろそろかなと思っていますけれども。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

トルコを投資適格級へフィッチが格上げ


格付け会社フィッチが、トルコの長期債務格付けの、外貨建て格付け、自国通貨建て格付を投資適格級へと格上げしました。今後の格付け見通しは、「安定的」としています。

2012年の実質GDP成長率は3%、2013年は3.8%、2014年は4.5%と、輸出先である欧州の景気が冷え込む中でも、高い予測をしています。
中長期的な成長軌道に回帰する軌道に乗っている、としています。


今回のフィッチの格上げは11月5日ですが、S&Pもムーディーズもここ数年、トルコを格上げしています。ムーディーズが投資適格級まで格上げすれば、一段と高まるのですが。

南アフリカがS&Pにより10月に格下げされているのと対照的な動きです。

信用力の高まりからトルコ・リラ相場上昇が期待出来るかもしれません。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

シカゴ投機筋ポジション動向~1113

シカゴ投機筋(シカゴマーカンタイル先物市場)の2011年初から2012年11月13日(11月17日公開)までのIMMポジション動向です。 1週間単位のnon-commercialのlongとshortの差は以下でした。


シカゴ121113


円は8月末から10月初めまで2~3万枚のやや買い越し超過あたりでうろうろしていましたが、9日12,914枚、16日10.086枚と急減し、23日には18,196枚の売り越し超過に転じました。 30日には37,020枚。11月6日40,104枚、13日30,447枚と売り越し超過を積み増しています。予想通り、ゆっくりとした円安トレンドです。

勿論、危機が発生すればリスクオフになる可能性は常にありますが、日米の金利差から、大きな円安トレンドになると思われます。

ユーロは5月15日以降、22日195,361枚、29日203,415枚、6月5日214,428枚と4週連続で過去最高記録を更新しました。その後は流石に売り越し超過記録を更新する勢いはありません。底を付けたのではないかと思われます。9月25日50,238枚、10月2日50、265枚、9日72,570枚、16日53,495枚。23日55,219枚と、最盛期の1/4にまで回復しました。その後、30日58,204枚、11月6日67,141枚、13日83,646枚と売り越し超過がやや再開しています。
ただ、ゆっくりとした動きですし、回復してきた反動、一旦の調整が入ったものと思われます。

豪ドルは6月の売り越し以外は買い越し超過の中で動いています。10月30日52,090枚、11月6日60,317枚、13日68,146枚と堅実です。買い越し超過のまま、小康状態が続きそうです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイヤモンド富士(山中湖)


今回はFXや外国通貨の話では無く、ダイヤモンド富士の写真です。


ダイヤ富士タテ


山中湖の湖面の向こうに富士山が大きく見え、山頂に太陽が沈みつある瞬間です。
湖面はさざ波で太陽が反射しています。
右上は飛行機雲です。
Wダイヤと言うわけにはいきませんでしたが、なかなか感動的なシーンで、幻想的な美しさです。

ダイヤ富士は撮るのが難しいですね。
この直前は太陽が明る過ぎ、この直後は暗くなってしまいました。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

11月のペアスワップ年利比較

毎月恒例のペアのスワップの年利換算比較2012年11月分です。
高金利通貨のクロス円買いと、低金利通貨売り/高利通貨調達、のスワップと年利換算値のSAXO系に基づいた比較です。(11月26日。from11月27日、to11月28日)


スワップ121126


8月からトルコリラのスワップが急減しました。年利ではランドとどっこいどっこいになっています。

ただ、フィッチの投資適格級への格上げとかがあり、トルコリラ安には歯止めがかかって、回復基調です。

高金利通貨側では、トルコリラ>ランド>豪ドルの順にスワップが高いです。 豪ドルは金利引き下げの影響で、3.2%程度まで低下しています。

売る方の低金利通貨側では、スイスフラン>ユーロ>円>米ドル>英ポンドの順にスワップが高いです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

トルコリラ、ランド、豪ドル13社スワップ比較1211

毎月恒例の、トルコリラ、ランド、豪ドル扱い13社のスワップ比較です。 11月27日を基準にしていますが、業者によって開示の仕方や付き方が違いますので、日次にはずれがあります。


スワップ13社1211


豪ドル、ランド、トルコリラともにスワップが7月以降低下しています。

その中でもトルコリラ円のスワップの低下が著しいです。トップのSAXO系でも7月は52.5円、8月は53円と高い時期の半分以下です。9月月は63円で、今月60円ですから、以下の両社の動きからしても底は付けて、回復基調のようです。

トップはトレードフィナンシャルのMT4で69円でした。

一時期はNo.1だったFXCMジャパン証券のプレミアム口座は先月はなんとも酷過ぎる0円でしたが、今月は23円でした。

ランド円はトップのSAXO系でも12円です。

豪ドルはSAXO系の75円がトップでした。No1のライブスター証券でも82円ですが、どちらも数円は回復したようです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ