FC2ブログ

最強、最弱通貨ランキング2018年3月

月間最強、最弱通貨ランキングの2018年3月分です。
基準を2017年末において、2018年3月の間変化率(2018年2月末から2018年3月末の変化率)と、2018年2月の月間変化率(2018年1月末から2018年2月末の変化率。)は以下でした。
JPY以外は、左から最強通貨、右端が最弱通貨です。


ランキング1803


2018年3月の最強通貨はGBPでした。 
第二位はCNH、第三位はEURでした。 

最弱通貨はTRY、次いでAUDでした。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

18年4月のペアスワップ年利比較

毎月恒例のペアのスワップの年利換算比較2018年4月分です。
高金利通貨のクロス円買いと、低金利通貨売り/高利通貨調達、のスワップと年利換算値のSAXO系に基づいた比較です。(4月3日、from4月4日、to4月5日。)


年利180403


クロス円でのNo1はいつもの通りトルコリラで、11.08%もありました。相変わらず高過ぎます。通貨安が心配です。
第2位は南アランドで、7.29%でした。
第3位はAUDで3.30%でした。

EURは-0.92%、スイスフランは-1.77%、GBP-0.34%と、買いのマイナス金利は日本よりもはるかに大きいままです。

売る方の低金利通貨側では、円>スイスフラン>ユーロ>英ポンド>米ドルの順にスワップが高いです。(ZAR買いの場合。)


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

街角景気2018年3月

街角景気の2018年3月分が4月9日に公開されました。
街角景気の、2011年初から2018年3月までの現状DIと先行きDIは以下でした。従来通りの原数値の図です。


街角1803


以前の記述の仕方である原数値の現状DIは、3.3ポイント上昇して51.7となりました。
2~3ケ月の先行きDIは2.5ポイント低下して50.1となりました。

季節調整値の現状DIは、0.3ポイント上昇して48.9、2~3ケ月の先行きDIは1.8ポイント低下して49.6となりました。

景気ウォッチャーの見方は以下にまとめられました。
「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足、コストの上昇、海外情勢等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」

NYダウや日経平均など世界的な株の変調もどこ吹く風、緩やかながらも回復基調は変わらないようです。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

店頭FX長期トレンド~18年3月

日本の店頭FX54社の月次データの長期トレンドです。
買い建て玉から売り建て玉を差し引いた買い越し超過額の2008年11月から2018年3月までの長期トレンドが左側で、主要12通貨円建てペア取引合計額が右側です。(縦軸は百万円/月)


店頭1803


2018年2月の売り建て玉は2兆0.187億円と増加し、買い建て玉は4兆7,806億円と減少しました。
その結果、買い越し超過額は2,762億円と減少しました。

取引合計額は394兆5,732億円と減少しました。 

買い越し超過は一旦、小休止です。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

トルコリラ、ランド、豪ドル10社スワップ比較1804

トルコリラ、ランド、豪ドル、NZドル、米ドル扱い業者のスワップ比較です。 米ドルのスワップが安定的に高くなってきましたので、先月から米ドルも加えました。2018年4月16日を基準にするつもりでしたが、業者によって開示の仕方や付き方が違いますので、日次にはずれがあります。


スワップ10社180416


トルコリラ円のスワップは外貨どっとコムが86円でトップ、くりっく365とヒロセ通商が僅差の85円で続きます。

ランド円のNo.1はSAXO証券と外貨どっとコムが16円でトップ、くりっく365が15.8円で次点でした。

豪ドル円のNo1はヒロセ通商LION-FXの50円でした。FXトレードフィナンシャルが僅差の49円で続きます。

NZD円のスワップのトップはヒロセ通商LION-FXの43円でした。くりっく365が41円で続きます。

オフショア人民元のトップスワップはSBI系の11円でした。SAXOが10.76円で次点でした。

米ドルはくりっく365とFXトレードフィナンシャルが58円でトップでした。SBI系が53円で続きます。
米ドルのスワップが高くなってきました。ただ、業者による相違が大きくなって来たとも言えます。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

シカゴ投機筋ポジション動向~180424

シカゴ投機筋(シカゴマーカンタイル先物市場)ポジション動向です。 2011年初から2018年4月24日(2018年4月28日公開)までの、1週間単位のnon-commercialのlongとshortの差は以下でした。


シカゴ180424


円は去年の11月29日には売り越し超過に転じ、11月14日には135,999枚の売り越し超過ピークをつけました。その後、2月20日頃から漸減させ、4月3日にはついに買い越し超過に転じました。一昨年の11月以来のことです。

ユーロはここ3年売り越し超過を維持したままでしたが、昨年の5月9日にはついに買い越し超過に転じました。その後、今年の1月には買い越し超過のレベルが一段と上がり、4月17日には151,476枚の買い越し超過ピークをつけました。
 
豪ドルは6月13日には1,511枚の売り越し超過となった後に、再び買い越し超過に転じ、9月26日には77,194枚の買い越し超過ピークをつけました。その後はやや減少させていましたが、12月19日には突然12,660枚の売り越し超過に転じました。その後はニュートラル近辺で行ったり来たりを繰り返しています。


最近の円は買い越し超過に転じてニュートラル近辺にあります。今後どちらに傾くのか、要注意です。

最近のユーロは大きな買い越し超過を積み増しています。どこまで行くのでしょうか。

最近の豪ドルはニュートラル近辺で傾きにくい状態です。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

カウンター
豪ドル為替日足

ForexProsこのチャートの提供はForexpros – 外為 ポータルサイト
月別アーカイブ
株価指数

この 株価指数 表の提供はForexpros.jp
政策金利表
トルコリラ 24%
ユーザータグ

複利運用 スワップ 円高リスクヘッジ 資金調達コスト 高金利通貨 リスク分散 税金 新興国 セイフティネット 運用実績 

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
最新トラックバック
プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ