初めまして トルコリラ、ランド、豪ドル系スワップ年金派です

初めまして。もーにいです。
自分の考えを整理することと、左側にあるレートやスワップ情報、右側のリンクに自分の使うお役立ち情報を集約できることもあり、このブログを始めました。よろしくお願いします。

低金利の円やスイスフランを売り、高金利通貨のトルコリラや南アフリカのランド、オーストラリアの豪ドルを買って、複利運用をやっていく、スワップ派です。とは言っても、単純にレバレッジを効かせて高金利通貨を狙うつもりではありません。将来の目指す姿は、必要証拠金以外はスワップのみで自己安定化させたお宝ポジションの複利運用口座を作ることです。自称、スワップ年金派です。

元々が外貨預金からスタートしてまして、単純な外貨預金よりFXは有利になりうるのではないか、工夫してみよう、という発想です。外貨預金が複利であることはFXよりも有利ですが、工夫の余地がありません。FXはレバレッジやコスト、多様性の利点はありますが、単利が大きな欠点です。FXの欠点である単利を複利運用にする方法論が私の狙いです。

初期にはスワップの蓄積分を元手に買い足して行く複利運用の方法論を考えてました。いろんなHPでもよく紹介されています。しかし、よく考えてみると、スワップよりも為替変動の影響が遥かに大きく、大波の中の小舟です。大津波に呑まれるような状況の中で、わずかなスワップ蓄積では買い足せません。レバレッジをどう考えるかよくわからなくなってしまいます。例えば、為替が安くなった時にはチャンスですが危険を冒して買い足すことになります。或いはレバレッジを重視したら絶好のチャンスを見逃すことになります。高くなった時には安心して買えますが、高値掴みすることになります。良く考えると、最悪のタイミングで買うことになっています。この方法論は、2003年から2008年までの安定した長期円安トレンドの中では、結果的に有効であったと思います。残念ながら2009年以降は通用しないようです。スワップ蓄積よりも為替変動を軸にして考えるべきだろう、というのが私なりの結論で、この方法は採用しないことにしました。

で、今トライしているのは、資金調達コストによる複利運用、同時にできる円高リスクヘッジの活用、という方法論です。高金利通貨としては、トルコリラ、ランド、豪ドル、売る側の低金利通貨としては、スイスフラン、円、ポンド、アメリカドル、ユーロです。効果のほどはまだよくわかりませんが、単純な高金利通貨買い/円売り、よりは有利な複利運用にできるのではないかという仕掛けです。これはサブマリンにして(スワップ年金派の所以です。)おくつもりです。もう一つの別の方法論として、税金対策の観点から、くりっく365での運営を考えています。

今後紹介して行くつもりですが、まだまだ発展途上人です。複利運用スワップ派の良い情報、コメントあれば是非お願いいたします。コメントには必ずお返事いたします。

資金調達コストによる複利運用はこちら

トルコリラ、ランド、豪ドルの円高リスクヘッジはこちら

トルコリラ、ランド、豪ドル運用実績はこちら

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ

スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : スワップ 複利運用

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク完了しました!

もーにいさん、初めまして。こんばんは。
相互リンクのお誘いをありがとうございました。

ブログスタート、おめでとうございます! v-315
「スワップ年金」、胸にひびく素敵な言葉ですね。
私も自分なりに年金づくり中なので、記事楽しく拝見しました。

さっそくリンクさせていただきました。
http://panky.blog21.fc2.com/blog-category-20.html

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ