シカゴ投機筋ポジション動向~160802

1ケ月半ぶりのシカゴ投機筋(シカゴマーカンタイル先物市場)ポジション動向です。 2011年初から2016年8月2日(2016年8月5日公開)までの、1週間単位のnon-commercialのlongとshortの差は以下でした。


シカゴ160802


円は大きな売り越し超過を3年以上も継続していましたが、今年の1月5日についに3年ぶりの買い越し超過に転じました。 4月19日に71,870枚の買い越し超過のピークをつけました。その後、一旦は5月30日に14,837枚まで減少させましたが、7月5日には63,568枚まで買い越し超過を積み増した後、8月2日は41,700枚とやや減少させています。

ユーロは一昨年5月に売り越しに転じて以降、売り越し超過を維持したままです。昨年3月31日には226,560枚と過去最高の売り越し超過記録を更新しました。その後は、12月1日に182,845枚の売り越しピークを付けた後には急回復し、5月10日には21,872枚まで減少させています。その後は再び売り越し超過を増加させ、8月2日に104,103枚の売り越し超過となりました。
 
豪ドルは昨年3月10日に76,851枚と過去最高の売り越し超過記録を更新しました。その後、今年の4月26日に59,540の買い越し超過ピークをつけた後、5月30日以降は売り越し超過に転じ、6月7日には15.808枚の売り越し超過小ピークをつけました。その後、7月5日には買い越し超過に転じ、8月2日には31.363枚まで買い越しています。


円は高水準の買い越し超過に到達しています。Brexitがあったにもかかわらず、これ以上の円買いはやはり出来なかったようです。今のところ、予想どうりの展開です。

ユーロは売り越し超過を再び増加させています。しかし、昨年3月のピーク時と比べれば半分程度に過ぎません。
英国のユーロ離脱は大事件ではあっても、投機筋の仕掛けとしては全くつまらないのではないのでしょうか。
大事件過ぎて、2年以上もかかるのですから。

豪ドルはBrexitがあり、豪ドル安になったにもかかわらず、買い越し超過に転じていました。
これは意外でした。今後の展開、売り越しの仕掛けとか、が心配です。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

南アランド村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ 南アフリカランドへ
にほんブログ村

トルコリラ村へどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ