最強、最弱通貨ランキング

ここ1年の通貨の強弱を比較してみました。年末はポジションが閉じられるし、仕掛けは無くなりますし、動かなくなりますから、色の付いてない、スッピンの通貨価値に近いように思われます。で、2010年の年末を基準にして、2010年6月からの半年間と、2011年6月にかけての半年間、2011年6月Eから7月Eまでの1月間の変化率を図にしてみました。

通貨ランク

2010年6月から2011年7月までの序列は以下でした。
CHF>AUD>NXD>EUR>ZAR>CAD>JPY>GBP>USD>TRY

最強通貨はスイスフランで、17.9%も上昇しています。次が、豪ドルの11.9%、NZドルの10.9%、でした。
最弱通貨はトルコリラで、-18.7%も下落しています。次が、米ドルの-14.4%でした。
ユーロから英ポンドの5通貨は2~-5%で変化は小さいです。その中に円も位置していたことになります。
最強のスイスフランと最弱のトルコリラとの差は、実に36.6%にも達しています。

2010年後半と2011年前半と比較すると、2010年後半は豪ドルが最強でしたが、2011年前半からはスイスフランが圧倒的最強です。勢いでは豪ドルよりもニュージーランドドルの方が強くなっています。ランドは2010年後半は強かったですが、2011年前半は弱くなっています。トルコリラはずっと弱いままです。

ユーロは弱いように言われてますが、これからするとそうでもないですね。
むしろ、米ドルの弱さが目立ちます。円は中位ですから、円高と言うよりも、ドル安ですね。

2011年7月はアメリカの債務上限問題に引きずられていると思います。債務上限問題から、債務超過問題に投機筋は題材を変えているようです。仕掛け的な一時的な急落、市場再安値トライはまだあるでしょうが、8-10月には見えてくる筈です。債務超過問題は今に始まったことではないですし、数十年にわたる問題です。こんな本質的な長期には投機筋は付き合わず、せいぜい数ケ月ですから。
米雇用統計の上回る時がチャンスのように思います。
ランドとトルコリラは米ドルと相関しているというか、トレンドは豪ドルも強く影響されますから、その後、再上昇するのでは、と楽しみに期待しています。


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ