人民元、ブラジルレアル外貨預金

くりっく365の人民元とインドルピーのFX取り扱いには期待していたのですが、スワップの変動が著しく、残念ですが、一旦、諦めました。

当面はこのような新興国通貨は、外貨預金や外貨ファンドを探すしかなさそうです。FXよりもスワップ(金利)や手数料、自由度など劣りますけど、仕方ありません。で、調べてみました。

人民元の外貨預金は、7月に調べた時とあまり変わりありませんでした。

人民元外貨預金

スタンダードチャタード銀行、HSBC銀行、ハンセン銀行、東亜銀行が人民元預金をやっていて、その金利は0.10~0.5%程度です。HSBC銀行では、定期預金3ケ月もので、特別キャンペーンではありますが、金利3%としています。

インドはファンドは多数ありますが、外貨預金は国内では無いようです。

ブラジルレアルは、ファンドは人気で、いろんな証券会社のものが多種類ありますが、ここでは省略します。
外貨預金は、ソニー銀行と西京銀行、ブラジル銀行、イタウ・ウニバンコ銀行の4社が取り扱っています。
金利は、おおよそ5-7%程度のようです。

ソニー銀行:平成23年5月16日より。邦銀初。募集型定期預金。自動継続無し、ブラジルレアル普通預金に。9月5日スタートの1月もの金利7.0%、3ケ月もの、6.0%。手数料1レアル当たり1円。

西京銀行:平成23年7月5日より、ブラジルレアル建の外貨定期預金で、適用金利は年6.0%(期間3年)発売キャンペーン、為替手数料を通常の1レアルあたり1.5円から1.0円に割引。

ブラジル銀行:3,6,12月、3,4,6.25%、固定金利自動継続

イタウ・ウニバンコ銀行:3,6,12月、金利?

金利だけ見ると、魅力的です。
ブラジルの政策金利は12%もありますからね。

手数料や終了時の扱い、為替、取り扱い単位、手数料などが問題です。
今のところ、短期的には、FXの低レバレッジの豪ドル、南アランドの方が有利かな、という気がしています。

外貨預金には、長期的にはそれなりの良い点(ロスカットが無い安心、無暗にに取引できないというかしない、長期間ほったらかし、気がついたら為替が上がってた、とか)があります。ブラジルレアルの将来をどう見るか―――


スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相変わらずの情報量ですね
いつもありがたく参考にさせていただいています^^

No title

WIN様

自分のb年強のためにいろいろ調べています。
調べると色々あるものですね。
関心事が合致すると、面白いです。
プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ