シカゴ投機筋ポジション動向

今の為替は経済指標の影響は小さく、株と連動してるように思われます。欧州債務危機を軸とした世界景気不安によるリスクオフ心理が最大の要因のようです。リーマンショックの時もそうだったように思います。まだしばらくは続きそうですが、ギリシャ救済が実行ベースに乗れば変わりそうな気配になって来ました。

シカゴ投機筋のポジション動向を整理してみました。年初から11月1日(火曜日集計)までの1週間単位のnon-cpmmercialのlongとshortの差は以下でした。

シカゴ1101

最上段の円は、ドル円が高値更新を続けた10月25日の週計にピークを付け、日銀の介入の11月1日の集計では急減しています。5-6万枚の買い越しはここ数年の最高水準です。

中段のユーロは、5月から反転し、売り越が増加し続けています。が、9月頃から売り越しの頭打ちのようです。

最下段の豪ドルは4月から買い越しが減少トレンドです。が、まだ買い越し超過のままでこれは2009年以降はずっと継続しています。

欧州の不安心理が収まれば、期待できそうなクロス円のように思われます。
(とは言え、なかなか収まりそうにはありませんーーーー)

スワップ派の殿堂はこちらへどうぞ
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FXブログランキングはこちらへどうぞ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

欧州問題が片付くまでは、我慢なのかもしれませんね^^;

No title

Win様、

既に冬眠状態に入ってます。
春よ来い、です。
プロフィール

もーにい

Author:もーにい
ひょんなことからFXを始めてしまった複利運用スワップ年金派です。果たして生き残れるのでしょうか。
自分の考えを整理すること、お役立ちツールにしたいこともあってこのプログを始めました。
まだまだ発展途上人です。コメントあればよろしくお願いします。

トルコリラ、ランド、豪ドルカテゴリ
トルコリラ、ランド、豪ドル最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
トルコリラ、ランド、豪ドル系リンク
スワップ派必見の殿堂へどうぞ
南アランド村へどうぞ
トルコリラ村へどうぞ